Home


百果是真味

マンゴーやレイシ,アボカド,チェリモヤなど,熱帯果樹のさまざまな種類や品種には,それぞれの形,色,味わいがあります。

米国のフロリダやハワイ,そしてタイやフィリピンなどの東南アジアの人たちが,熱帯果樹を生活に身近なものとして楽しんでいるように,日本でも楽しむことができるようにしたいものです。

日本熱帯果樹協会ホームページより引用


Global Network

Message from Ken Love, Executive Director, Hawaii Tropical Fruit Growers



Ken Love
Ken Love – Fruit Hunter


It must have been close to 30 years ago when I first met Yonemoto sensei. Since then we have had hundreds of experiences together all revolving around tropical fruit.

Sometimes I don’t know what to call him or how to introduce him to others in Hawaii or even in Japan. Dr., sensei, Yoshimi, John, which is what he seems to prefer. I just just think of him as one of my best friends and am so honored to be learning from him.

In fact, when of the first papers I tried to read in Japanese was his hakase dissertation. With all of his puplications and mine between the two of us we must have covered 200+ species of fruit.

One of the things I admire most is that he doesn’t stop learning, a most admirable trait for all of use at any age.

Yonemoto sensei has helped many of our growers in Hawaii who have been to a few seminars and workshops. Those who started to follow him ten years ago can show remarkable results on pruned mango, avocado and many other cultivars like white sapote and cherimoya.

When I’m speaking at other seminars, someone always asks when I’m going to get that guy back to hawaii from Japan. What a foot print he has left for us! My goal has always been to help our growers achieve the quality of fruit in Hawaii that there is in Japan and Dr. Yonemoto is always there to answer the tough questions.

Thank you my friend for helping so many of us.

Ken Love


Tropical Fruit Lover


熱帯果樹への思い

筆者がカリフォルニア州立ポリテクニック大学パモナ校でアボカド栽培を学んで帰国した1981年当時、我が国へのアボカドの輸入量はごくわずかでした。都会のスーパーで販売されてはいましたが、店飾りのようなもので、リピーターはほとんどみられませんでした。ところが2013年度の輸入量は6万トンを超え、輸入金額も160億円を超えました。

アボカドが日本の消費者に受け入れられてきたことは喜ばしい限りですが、ハスという輸入アボカドの味しか知らない消費者は可哀そう。世界には1000を超える品種があるといわれています。ハワイには日系移民たちが選抜した、日本人の好みに合った風味のアボカド品種が沢山有ります。これからの日本の消費者が、様々な用途に合った品種を購入できるようにしてゆくことが、さらなる消費拡大には重要です。

マンゴーはアーウィン、アボカドはハスしか知らない日本の消費者は、もっともっと品種に目を向けるべきです。消費者の声にこたえるべく、生産者も目を覚まさねばなりません。消費者の要望を掘り起こし、生産現場に応えさせる。日本熱帯果樹協会もそんな活動ができれば面白いだろうな。

日本熱帯果樹協会代表理事メッセージより引用

Yoshimi Yonemoto



米本仁巳

プロフィール

1954年 和歌山県生まれ
1981年 カリフォルニア州ポリテクニック大学パモナ校卒業
1982年 和歌山県農業大学校技術吏員(蔬菜園芸学)
1986年 和歌山県果樹園芸試験場研究員(果樹施設栽培部研究員)
1997年 和歌山県山村産業試験場主任研究員(果樹・蔬菜・花木)
2001年 和歌山県農林総合技術センター果樹園芸試験場紀北分場主任研究員(落葉果樹)
2002年 果樹研究所カンキツ研究部(口野津)主任研究官(栽培部)
2002年 農学博士号取得(近畿大学論農博第61号)
2004年 国際農林水産業研究センター沖縄支所熱帯果樹研究室長
2006年 国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点生産環境分野長(熱帯果樹低樹高プロジェクトチーム長兼務)
2009年 神内南方系果樹研究所長
2015年 熱帯果樹栽培コンサルティング(ヨネトロピックス)代表


主な著書



熱帯果樹の栽培―完熟果をつくる・楽しむ28種

熱帯果樹28種の楽しみ方 本書では、熱帯 ...
続きを読む

新特産シリーズ マンゴー 完熟果栽培の実際

マンゴー栽培 本書では、マンゴー栽培の基 ...
続きを読む

論文(一例)



  • 我が国における熱帯・亜熱帯果樹栽培研究の現状と方向(熱帯農業研究 Vol.4, No.1 p.1-21(2011))

Yonetropics


百果是真味の実現

アボカド栽培を中心とするヨネトロピクスナーセリー

指宿を拠点に日本における熱帯果樹の普及を願い活動しています。

地図の中心へ

Yonetropics Update